リーディングドラマ「シスター」 (2017.05.13)

行ってきましたー。初シブゲキ。
隣にマウントレーニアのホールがあるなんて、渋谷から20分ちょいの所に住んでいるのに初めて知りました(笑)。
という訳で、信吾くん3本目の朗読劇。

実は今回、とある方にお願いしてチケットを取って頂いたのですが。
……とんでもなく神席でして……、とんでもなく緊張しました。
ありがとうございました、Rさん!!

以下、ネタバレを含みますので、大丈夫な方のみどーぞ。
--------------若干のネタバレを含みます----------------

一昨年の「ラブレターズ」
カップルによって解釈は違うようですが、信吾くは思い出の中のメリッサとの恋を、静かに思い出しながら淡々と語るアンディだった、と記憶しています。
昨年の「逢いたくて…」
ひたすら生きるためにもがいている姿を、見ているこちらも苦しくなってくるような感じで。

で、今回。
ネタバレしてしまうと
「3歳で亡くなったあと数年後に生まれた弟の守護霊?になった姉」と「色々あって、自殺未遂を図って生死をさまよい中の弟」が、あの世とこの世の狭間で会話している…といった感じのストーリーでした。役名はないようです。
淡々と、若干キツイ目位の姉が檀さんで、どこか浮世離れした感じなのに現実的な弟の信吾君。
始まった瞬間から感じる、微妙な重苦しさが、なんとも言えない緊張感でした。
お互い「アンタ」呼びだし、実際生きている間に一度も会ったことがない姉弟なので、それはそれでありなんだなあと思いつつ、なんとなく温かみもあったりして。
最後にツンツンキャラだった姉が、ほんの少しデレたのが何とも可愛くて、お姉さん弟の事が大好きなんだなあと解ったのが何とも嬉しかったです。

以前の2本とも、信吾くんはラストかなりガチで泣いてらっしゃる程の熱演でしたが、今回はうっすら涙ぐむ感じ。
終始表情豊かで、前回とはまた違う熱演でいらっしゃいました。



ちょっと面白かったのがお姉さんが、「劇場には私のお仲間が結構来ている」という。
この劇場にも沢山いらっしゃるかしら、みたいな(笑)。


朗読劇の時の信吾君は割と常に白シャツノーネクタイの印象があるのですが、ラブレターズのパンフを見てみたら、信吾くんジャケット着てました(笑)。
人の記憶はちょっと曖昧ですね。


改めて信吾君の声の心地よさを感じつつ、いつか山路さんと二人でシスターならぬ「ブラザー」を演じてくれないかしらー…等と思った本日の観劇でした。
……松田さんと三人で、会社名と電話番号をひたすら読みあげる「タウンページ」でもいいんですけどね(笑)。
私の中の、日本三大美声役者ズ…。
(そんな朗読劇は存在しません)
スポンサーサイト

コメントの投稿

SECRET

かうんた。

カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

こめんとアリガトゥ!

過去のつぶやき

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Twitter

リンクの魂。

ぶろぐ主

静夏

Author:静夏
葛山信吾さんのファンです。

 *****favorite*****
actors
・三津谷亮君
・内村光良さん
・山路和弘さん
・松田賢二さん
 
 阿部寛さん、猪野学さん他、
 沢山います
 宝塚BOYS初演再演メンバーは
 今も皆さん大好きです。
comedian
・ウッチャンナンチャン
・さまぁ~ず、キャイーン、
 TIM、出川哲朗さん、他色々
GAME
・ドラゴンクエスト(ロト/天空)
・逆転裁判&逆転検事
・トモダチコレクション
others
・うちのにゃんこ
基本的にミーハーです。

よかったら遊んでみてね。
宝塚BOYSからの恋文

gremz