2017'02.19 (Sun)

柔道少年

下北沢のザ・スズナリで、第20回Dステ「柔道少年」を観てきました。
FCとか入っていないので、チケットは一般での参戦。そして惨敗。
追加公演の「朝練」なのでスタートは10時半からでした(笑)。
こんなに早くから始まる公演、滅多にないでしょとか思いつつ、そういえば明治座って11時スタートだから30分しか違わないわーと気が付いたり(笑)。
出演者は6人、目当てはもちろん三津谷君。
でもD-BOYSはまだ名前と顔が一致しない人も含めて、みんな嫌いではないというか…むしろ好き、覚えきれていないのですけど(笑)。
初代清海の小林正寛さんをこういう小さい劇場で見るのも8年ぶり位だわーとか思いつつ(前回は猪野さん目当てだった…)。
元ネタがちょっと不安要素ではありましたが、楽しく拝見してきましたー。

いやあ、三津谷君お芝居上手くなったなあ。
華やかさというか、人目を引く魅力は真田十勇士の頃から感じていましたが、見るたびにいい役者さんになってるなあと感じるので、益々好きになってしまいます。
今回は、帰国子女のミッチェル(ミツヤ・ミッチェル・リョウ)と、主人公シュウト(宮崎秋人君)の血縁者(ネタバレなので一応伏せてみた)役、柔道の審判役、あとシュウトの対戦相手に、アイドルノンキキッズ(ジュナンボーイ出身)と色んな役で出て来ましたが、あちこちツボでしたー。
……可愛かった……(笑)。
劇中に観客にミッチェル体操第一の指導もしてくれて、肩がほぐれたのも有難かったし(笑)。

じれったいお話ではありましたが、見終わった後はスッキリ。いっぱい笑って気持ちよく劇場を出てこれました。
うんやっぱり三津谷君の舞台は外せないなー、と改めて思いました次第です。


そのあと久しぶりの下北をアチコチ歩き回ったついでに、ヴィレッジヴァンガードに行って、人間椅子の和嶋さんの自伝をようやく買ってきました(笑)。コアなファンじゃないのにサイン本とかなんかスミマセン(^_^;)。
……まあ、ミュージシャンはちょっとダメなくらいな方がいいのかもね…的な(笑)。

本日の奥様ブログ。
ご家族にマッサージしてもらう信吾君。
細雪のお稽古で体がカチカチな位お疲れなのは、気疲れなのかしら…と、こっそり思いましたです。
がんばれ貞之助さん!!
スポンサーサイト
22:29  |  日々の徒然。  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

 | HOME |