2016'12.12 (Mon)

圧倒的なナンチャラ力とやらに圧倒されない私はひねくれ者なのだろうか。

仲良しコンビなのに、滅多に一緒に仕事をしないウンナンが司会をやっているので「歌唱王」を見ています。
で、決勝に入って出場者の殆どに「圧倒的な歌唱力」という形容詞がつくことに、解せぬ…とか思っているところ(笑)。
いや皆さん、普通に上手いんですけど、圧倒はされてないよ?的な。
そういえば私、芝居見たりフィギュアスケート見たりしてる時にも、圧倒的な演技力とか言われると、スーッと冷めていく癖があるなあ(笑)。
とくに芝居の場合、「いやこの人声がデカいだけでは??」とか思ってしまいがち…。

というか、私の場合単に好きなものにしか、センサーが発動しないだけなのかもしれませんが(笑)。

スポンサーサイト
23:00  |  日々の徒然。  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

 | HOME |