2016'03.20 (Sun)

かわいかったにゃん!

三津谷亮君の出演舞台、帝一の國最終章血戦のラストダンスを観てきましたー。
いやもうなんというか、一言で言うと「三津谷君可愛かった」に尽きます(笑)。

真田の時に、この子に惹かれるなーというのは若手では三津谷君が断トツだったのですけど、同年代の子達と並んでいても、やはり彼には物凄くオーラを感じてしまいます。
これから先も彼が大きくなっていくのを見ていけるとしたら本当に楽しみだなあ。

…しかし、彼が一条さん当時の信吾君の年齢というのが、やはり今でも不思議な気が(笑)。

一回でも十分楽しめたんですけど、もう一回見たいなあという気持ちが今とても強くありまして(笑)、行ける時に当日券を狙うか、もしくはDVDを購入しようかなあと現在迷い中です。
お話は特に好みではないのですけど、お芝居としてとても好きな作品でございますー。
スポンサーサイト
23:58  |  日々の徒然。  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

 | HOME |