2016'03.15 (Tue)

じわじわとショック…

フィギュアスケートの小塚崇彦選手が、引退を発表。
ある程度の覚悟はあったので仕方ないかなあ、とは思ってました。
織田君みたいなキャラクターの人ではないので、コーチとスケーターをやりながら、全日本なんかで男子の解説をやってくれたらいいな、なんて思っていたら。

まさかのト●タ社員に。

いや、もともとスポンサー契約で、トヨタに所属しながらの大学院生だったわけだから、そのまま残留も全然不思議はないのだけど、……プロスケータ―にならないの…!?

彼のスケーティングの綺麗さは、日本選手の中でも唯一無二のモノだと思っていたし、今もそう思っているので、とても残念。
でも学者の道を歩んでる町田選手も、たまにアイスショーに参加したりしてくれてるみたいだし、いつか指導者としてフィギュアスケートの世界に戻ってきてくれるかも…と期待して、今はお疲れ様でしたと、ねぎらいたい気分でもあります。

ああでも勿体ないよう、こづ……。
引き際が鮮やか過ぎて、山口百恵のようだよ……(T_T)。

アスリートというのは必ず引退の時が来る訳で、その辺の覚悟も決めて応援しているのだけど、その時が来るのはやはりとても寂しいですね。
俳優さんもそれは同じなのだけど(アイドルもそういうものだと思っていたけど、最近必ずしもそうではないような気がしないでもない…)、やはりファンとしては「ずっと応援していたい」ですよねえ。
高寺さんが以前(怪ラジゲストの頃に)信吾君が「まだ43歳」と言って居たというつぶやきをされていたのを読み返していて、信吾君はこの世界でずっと生きていく人なんだろうなあ、と思えたのが嬉しかったのを思い出しました。

いやほんと、マジで寂しいよー小塚くーん!!!(T_T)
スポンサーサイト
23:00  |  日々の徒然。  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

 | HOME |