2016'01.02 (Sat)

初夢

お正月なので、二度寝して、二度初夢らしきものを見ました。
いつも起きる時間帯に見ていたのは、真田十勇士の夢。
というか、稽古場とか食事会かなんかなのかなー。
大助の渡部秀君が、信吾くんに一条刑事に憧れましたーみたいな話をしてて、信吾君が喜んでたら、松田さんが「斬鬼には憧れなかったのか―」と聞いてきて、柳下君や三津谷君が「斬鬼さんもカッコいいですー」っていう、割とリアルにありそうな夢でした(笑)。
秀君が実際に平成ライダーが好きで、ライダーになりたくて俳優を目指したという話は聞いてたんですけど、柳下君とか三津谷君て秀君程若い訳でもないので、クウガの時点で既に小学校高学年くらいなんですよね。
響鬼さんに至っては、二人は高校生くらいかしら(となると、明日夢君世代なのかもしれないですが)。
お友達のEさんから、それくらいの男の子もクウガ見てたよーと言って貰えましたけど、彼らが本当にクウガとか知っていたかどうかは今となっては不明ですな(^_^;)。
彼ら勉強熱心そうだから、共演する人の過去作品は見てる気がしますけど。

怪獣ラジオでも信吾君がおっしゃってましたけど、一緒にお仕事をする人が「小さい時にクウガを見ていた」と言ってくれるケースが多いんだそうで、これからもそういう事は多々あるんだろうなー。
子供が憧れるような役を演じていたというのは、きっと信吾君には大きな財産なんだろうなあと思います。
松田さんのザンキさんも同じですけど。

で、座長さんが「俺の役には憧れないのかー、大地の子は名作なんだぞー」って嘆いて、馬木也さんから「名作でもあの役に憧れを抱く子供はあんまりいませんよ、俺だって子供たちのヒーローにはなれてませんー」って突っ込まれる…というオチで目が覚めましたが(目覚ましが鳴った)、馬木也さんは「ボクが地球を救う」の芝さんが滅茶苦茶カッコ良かったと思います(笑)。
子供が憧れたかどうかは解りませんが。


二度寝の時に見たのは、仕事でとった電話がことごとくクレーム電話でうんざりという(笑)。
夢の中で働いちゃったよトホホ…という感じでした。

でも二度寝の分は初夢とは言わないのかなー…。
スポンサーサイト
23:01  |  日々の徒然。  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

 | HOME |