2015'11.07 (Sat)

いつか叶うのかもしれない。

高寺さんが東映さんを退職された時に、クウガはもう完全に完結したものなんだなあと思っていました。
あの最終回は、物語が完結したと思える素晴らしいものだったし、映画の期待はあったけれど、5年…6年かな?高寺さんの断念宣言が出たの。
結局叶わぬ夢になってしまった事は残念でしたけど、その分今現在五代君は幸せに過ごせてるに違いないわと思う事も出来たので、それはそれでいいと思えてたのですけど。

小説版クウガが出たのが、2年前でしたっけ。
13年後の一条さんが、ある意味今も健気に五代君を待っているのが、らしいといえばらしいけど、なんか悲しくて、改めてクウガはEP49で終わったのだと、思う事にしてました。
(でもEP50乙彼が大好きです(笑))

昨日の怪ラジで、オダギリ君が納得の出来るものを作れるのなら、また五代雄介を演じたいと言ってくれたのが凄く嬉しくて、そのOAを聞いて居たと思われる荒川さんから、高寺さんにメールが届いたという話に、なんだかドキドキが止らないです。

小説の中では、今も旅を続けている五代君でしたけど、オダギリ君の言葉で「就職してないとまずい」には笑いました。
……まあ、五代君も一条さんももう40過ぎましたし……その通りなのかもしれない(笑)。
そして、戦場カメラマンもいいのかもしれない(あの人の印象が強すぎる職業ではありますが)。
ただ、アマダムの力があってもなくても、五代君が少しでも自由に生きててくれたらいいなあと思います。

今高寺さんが角川大映に所属されていることで、どんな展開があるのかさっぱり解らないですけれど、いつか、昔見た夢が叶う日が来たら、それはもう万難を排して、映画館に通えたらいいなあと思います。
(通う気なのか…)
そんで、もう引退という形になってしまった方々が、もう一回俳優業を、クウガの為に再開してくれたら、それは本当に心から嬉しいなあと思うのですが。

まーどうなるかほんと解らないです。
ただ、もう一回こっそりと夢を見ていようかと思います。


ただ、松田賢二さんと渋江譲二さんが「高寺さんの次回作には絶対に自分たちも参加している」と断言されていたのを生で聞いてしまったので、クウガの世界に威吹鬼さんと斬鬼さんが出てくるのだろうかと、意味不明に困惑してみたりもします(笑)。
いや、見てみたいですけどネ。

そういえば細川茂樹さんも響鬼をもう一度やりたいと仰っているのだとか。
いつか怪ラジ出てくれたらいいのになー。
スポンサーサイト
22:52  |  日々の徒然。  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

 | HOME |