2014'11.02 (Sun)

SHIP IN A BOTTLE

東京グローブ座に行ってきました。
5年ぶりのグローブ座、入った瞬間「あれ?ここってスージーとサムの家だったはずだよね…」と、その広さにビックリ。
広さというか、こんなに奥行の深い劇場だったっけ?的な。
そして、備え付けられた舞台装置の凄さにビックリ。
真田より傾斜が激しい…。
で、始まった途端もっとビックリでした。
いやホントに、怪我だけは気を付けてくださいね…と。

私は、水曜どうでしょうを見たことがないので、その関連(らしい)小ネタや関係者さんはさっぱりでした。
出てきただけで観客の皆さんが喜んでる方、がいらしたんですけど、番組のディレクターさんだとかで。
うん、番組見てない私が悪いんだな、とは思いました(笑)。
作演出出演の鈴井さんが、役者メインだった時代に凄かったという話は、お友達に聞いて知ってはいまして、どう凄いのかなーと思ってたんですけど、まあ、友人の言う通り確かに凄かった。
お話自体も、あー…えーと…(苦笑)、な部分も結構ありましたけど。
(好き嫌い激しいかも、と言われた理由も解った気がします)
でも、あちこち面白かったので、否定はしないです(^_^)。うん十分楽しみましたよー。

今回のお目当ては、ぶっちゃけると三津谷亮君でした。
真田十勇士の十蔵以来でしたが、思っていた以上にカッコ良かったです。
そして記憶していた以上に声が低かった…(笑)。
狂気じみた芝居も良かったし、体育座りで母性本能(あるのか)刺激されまくったし、銃を構えた時は「キャー」とか思いましたし(笑)。
とりあえず真田の次はTSだっけ…とか調べているあたり、私にしては珍しい「年齢の方に胸キュンが来たー」の模様であります(笑)。
来年早々信吾君と同じ回数、彼も見られるんだなあと思うと、微妙にワクワクであります。
……ミーハーだなあ、私もまだまだ。

追記**
書き忘れてましたが、劇中でとあるキャストさんが、真田での才蔵さんと同じ必殺技(?)を使っていました。
一瞬ビックリしましたが、演劇業界で流行ってるのかしら…(^_^;)。


関係ないけど、来年日テレ主催で上演される「デスノート」のフライヤーを頂きました。
(真田は入ってなかった!!!)
小池徹平君がLなんですね…。そして八神月のWキャスト片割れが浦井君…。
興味はありますが、まあ多分いけないんだろうなあ。


帰宅して、BSジャパンで、具志堅陽子さんを見ました。
やっぱり膝ついてプロポーズの信吾君、可愛いかったー。
スポンサーサイト
22:56  |  観劇とか観劇日記とか  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

 | HOME |