2014'09.19 (Fri)

俳優さんは幸せでもいいと思う…

有料サイトでのご発言なので詳細は自粛しておきますが、とある方(笑)の本日更新の日記。
なんか監督とか演出家には、「良い役者は不幸でなければー」という考えの方が多いそうな。
私には解らんなー。
ハングリーでストイックじゃなくても良い役者は良い役者だと思うのよね。
棒読みでも大根でも魅力的な役者さんはいるし(笑)、ハンサムで演技派だっているし。
まあ、たぶんそういう考えの演出家の舞台は、私が観ても感動出来ないんだろうなあなどと思ったり。
好きな演出家さんの中にもそういう人はいるかもしれないけど、敢えて主張する人でなければ、まあいいかーと。
(そういう点で、役者の魅力を引き出したいと言って下さる鈴木裕美さんは素晴らしい演出家だなあとか思うんだな)
幸せでも不幸せでも、魅力に変わりがないのが良い役者。
人間として人の不幸を望みたくないので、好きな役者さんには幸せであってほしいな、と。
仲間ちゃんとのご結婚を報告する際の、幸せ溢れる田中哲司さんを見てて、ちょっとそう思いました。
信吾君も本当に幸せそうなご家庭を築いてらっしゃるけど、凄く凄くいい役者だと思うし。
まあ、お仕事に貪欲であってほしいですけどね、役者さんに限らず。


最近ルイボスティーにハマってます。
お湯足しお湯足しで何度も飲めるので、節約中の私には有難い飲み物であります(笑)。
というかホットが美味しい季節になりましたねー。
スポンサーサイト
23:08  |  日々の徒然。  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

 | HOME |