2014'04.06 (Sun)

42歳イブ。

今日の愛妻家はマチネのみの貸切公演。
41歳最後の信吾君のお芝居を見ることが叶わなかったのが残念ではあるのですが、開幕直後の疲れのピークは明日ゆっくり解消出来るんじゃないかと思うし、お誕生日をきっと家族で過ごせるだろうから、何よりです。
というか、こういうお芝居をやっている最中なので、ご家族にしっかりじっくり癒されていて欲しいなあと。
それくらい、俊介さんを生きるって、大変な事だと思うんで(^_^;)。


昨年の今頃というと、4月2日に真田十勇士の制作発表を観にいって、本当に楽しそうに、開幕の日を待っている様子が伝わってきて、私も嬉しくて楽しみで仕方がなかった時期でした。
あの信吾君が、バカボンパパと同じ、41歳の春を迎えているというのは信じられないし、厄年だけどきっといい一年になるんだろうなあなんて呑気に考えていたものです。
入院手術リハビリなんてことがあったなんて開幕まで思いもよらなかったことでしたし(6月くらいに突然お伊勢さんに行かれたそーなので、あれ?とは思ったんですけどね)きっとその間にいろんな葛藤があったんだろうなあとも思うのですけど。
でも幕が開いたら、本当にカッコ良くて美しい才蔵さんの生き様を見せて貰えましたし。
年が明けてからのコンダーさんは打って変わって、ホントに可愛い絶対に憎めないし憎まれないお坊ちゃま君がよく似合ってました。
それから今回の俊介さん。
41歳の信吾君には、本当に楽しい時間を頂きました。
明日からの42歳の信吾君が、心身共に、そして公私共に、充実していつでも笑っていてくれますようにと、心から願っています。
笑っている信吾君が、一番好きなので。

明日はちっちゃいケーキを買って、勝手にお祝いしようっと。
スポンサーサイト
21:50  |  日々の徒然。  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

 | HOME |