えええええー!?

「笑う犬2008」入浴して見てなかった部分を、後から見ています。

………うそ。

…え、マジ?


………い、いいの?!


という訳で、ウッチャンが某大捜査線をいんすぱいあ?りすぺくと?して始まった筈が、謎のホモコントになってしまった「てるとたいぞう」の、第一部殉職のはずの「たいぞう」刑事が生きてました(笑)。

10年も騙されてたのか!私ら…みたいな(笑)。
一部も好きでしたけど、第三部のオカマさんの名倉さんが大好きだったなあ(笑)。
(たいしろうも好きだった)


しかしビックリしました(笑)。たいぞう……。
来年のミュージカルサイトの吉野さんにもビックリしましたが(あの髪型を見て、実は月代似合うんじゃないかしら、という方向に走ったのは、多分私だけでしょう…)、それ以上にビックリでした。

毎週じゃなくていいから、レギュラー化しないかなあ、コントオンリーの笑う犬(笑)。
コレって、1998年だったんですね。
そうよね、初代エンディングテーマが宇多田ちゃんの「Automatic」だったんだもんねー。
宇多田ちゃんが10周年なら笑う犬もそうだわー。

てことはこの頃なんだ信吾君の「ラッパじゃねえよ」も。
うう、笑う犬の録画テープ探しても、ラッパCM入ってないよねえ…(T_T)。


****ブログ拍手お礼****
9/30 1時 S様
はい、お察しの通りでございますー。
早く情報解禁になるといいなーとは思うのですが……(^_^;)。
詳細OKになり次第、どこかに載せようとは思っております~。
スポンサーサイト

ひみつな奥さん再放送。

「ひみつな奥さん3」 再放送 10月25日(土)13:30から、だそうです。
これ全国放送なのかなあ?
公式サイトで再放送情報って初めて??

そういえば、待たされてるニンジン情報は、明日発売?のTV雑誌にちょこっと情報が出ているらしいよと、お友達から聞きました。
さて、明日の時点で書いていいのかどうか(FさんEさん、どうなさいますー?>私信)。
出来ればRouteさんの発表で知りたかったなあ、というのが本音でしたけど、色々事情もあるでしょーし、ね。
まあ、そろそろすっきりして、色々覚悟完了したいので、真相が解るといいなと。


話が戻りますが、ひみつな奥さん再放送。
なぜ3だけなのかが、謎というか(笑)。
個人的には、お巡りさんロクちゃんの制服姿とか、蝶子さんとの馴れ初めの健気なロクちゃんエピソードが入ってる「1」が一番好きなんですけども。
しんちゃんも、お巡りさんの制服お好きみたいですし。
「2」はゲストがふかわだったんだっけ……。
あれはあれで嬉しかったなあ(内Pファン)。
つーか、未だにふかわりょうが信吾君より年下っていうのが、不思議でしょうがないんですが(笑)。
ビデオ時代(私が)のOAなんで、出来れば1と2も再放送されたらいいなー。

油断大敵。

うひゃー、甘く見てたら結構本格的になってしまったです…風邪。
ティッシュが凄い勢いでなくなるなくなる。
食欲はあるし、熱もなさそうなんですが、風呂入ったら早めに布団に入ろうかなと。
……眠くなるまで、Bricksでも聴いていようかな(^_^)。
こういう時にポータブルのDVDプレイヤー持ってたら、布団の中で宝塚BOYS見て元気を貰うんだけどなあ……(笑)。

本日から始まった朝ドラ。母が見ようというので見てたのですが……。
信吾君より4歳(年齢で言うと3歳か?)上なだけの吉田のA作兄貴がマナカナの父って無理ありすぎ!と思っていたら、信吾君と同い年で、昨年の秋には共に学ラン・セーラー服姿で色んな意味でビックリさせてくださった石田ひかり嬢がマナカナの母って、更に驚愕。
まあ和久井さんも、去年作品でおばーちゃんになってしまうまで演じてらっしゃるし、若い俳優さんにも老け役をというのが公共放送さんの方針なのかもしれませんけども。
しかし、あと4年もしたら信吾君達47年組も、普通に朝ドラヒロインの父役とか回ってくる世代になるわけ?…みたいな。

……やっぱそういう方向に行くよりは、時代劇とか刑事ドラマとかがいいなあ…とか、こそっとつぶやいてみよう。マジで、猪野さんと二人の刑事ドラマやりましょーよー、「三重県警の男」とか。
どうですか東映さーん(何故東映さん限定?)。

めっきり秋です。

油断してたら、夕方くらいから喉と鼻にきてしまいました。(鼻は朝からちょっとおかしかったけど)
まだ風邪一歩前くらいなんで、貰ってあった風邪薬を飲んで様子見中……(^_^;)。
気のせいで終わるといいなあ。
皆様、お気をつけくださいませ……m(__)m。


さて、宝塚BOYS名古屋大楽以来、若干の自粛モードでいたのですが、久しぶりに都内でちょこちょこと遊んできました。
逆転裁判の1の1話を試しにプレイさせてもらったり(やっぱ始めたらハマりそうです…)、東京駅でカレー食べたり、キャラクターのお店(なんか名所なの??)を巡ってみたり(笑)。
N●Kのどーもくんが大好きだったので、地域限定どーもくんの存在に驚きました。
会津限定どーもくんに物凄く惹かれたんですけど、とりあえず自粛(笑)。
お伊勢参りどーもくんか亀山ローソクどーもくんか、宝塚(出来れば男子部)どーもくんがあったら、迷わず買ってきたかも……。
ついでに「瞳」のロゴが入った月島もんじゃセットもありました(笑)。うっかり買いそうになる自分が怖い…(まあ、もんじゃ焼き大好きなんでー)。
あと、トミカ?のお店もあったので、見てきました。
消防車とパトカーのセットとかあったので、これしんちゃんにプレゼントしたいなあ……と思ったのですが、しんちゃんならもっと大きいタイプ持ってるかなあ…という気も(笑)。

今日は21時から、上川さんの「柳生一族の陰謀」があるのですが、昨年「犬顔家の一族の陰謀」をみたお陰か、予告だけでも笑ってしまいそうです。
千の風のパクオマージュソングを思い出してしまって。
同じ理由で犬神家のDVDも中々見られずにおりますが(^_^;)。
FBでしんちゃんと一緒だった内山君(ついこの呼び方をしてしまうのですが、一般的にはあっちの内山君を指すのでしょかね…)が出雲の阿国だそうで。
そういえば昨年しんちゃんが釜次郎だったころ、吉野さんが闘っていた(?)のは阿国じゃなかったっけ?観に行けなかったから定かではないんですけども(^_^;)。
柳生一族は、途中でお風呂に入りに行きたくなりそうなので、とりあえず録画しとこかな。
明後日、笑う犬があるので、HDDに余裕がない私は、ホントにあれ(甘10)をなんとかしなくちゃなんですけど……。
…まだ言ってるのかって感じですけども(笑)。

と色々ごちゃごちゃ書いていたら、信友Nさんから、お住まいの地域での「ヴァンサンカン・結婚」の再放送のお知らせメールが!!!
うわ、信吾君のデビュー作でんがなまんがな!!!
19歳なりたてのしんちゃんのレポート待ってますわ、Nさま~。

懐かしいなあ…

もう随分と行ってなかったんですけど、ブックマークにクウガ映画化署名サイトの【ポレポレ】さんが残っていたので、試しにアクセスしてみました。
…まだページが生きてるよー、とちょっと感動。
ちょっと空しさも残るんですけどね(苦笑)。
いや、実際は私この署名参加しませんでしたけど(というかこのページの存在を知ったのが、締め切りより後だったもんで)。
BBSとかは既に機能してませんが(^_^;)、高寺さんやオダギリ君を始め、信吾君からのメッセージや署名時の写真なんかも残ってましたので、もし未見の方がいらっしゃったら、そこだけでも是非。→(写真は一番下から2000年分のメッセージに移動してくださいね)

信吾君のメッセージが可愛いです(笑)。
「私も泣いたよーう、最終回は」とか、2001年の信吾君に呟きかけてしまいそうな位(笑)。

そういえば、この頃って公式サイトのBBSへの書き込みなんかもなさってたんでしたよね、信吾君。
私が発見できたのは、2-3件だけだったのですが、誠実さが伝わる文面に、凄く感動して「やっぱり好きだなあ」と思ったのも、懐かしいです…。
イベント雨天中止時のメッセージとか、リアルタイムでご覧になった方とか、羨ましいなあと思いましたもん……。


とりあえず、信吾君が使っているパソコンが今でもMacなのかどうかだけ、ちょっと気になる今日この頃なのでした(笑)。
白のi-book購入されたのって、5年くらい前だっけ…??


関係ないけど、昨日のスパイダーマン忘れてました(^_^;)。声猪野さん…(T_T)。
また放送があったら……(^_^;)。

記憶は上書きされる。

整体に行って、背中を揉まれつつ寝こけていたら、
信吾君が「カウントダウンTVをご覧の皆様コンバンワ」とカメラ目線している夢を見ました(笑)。
あのCGの尖がってる子(菊池君、ていうのかな?謎)は粟根まことさんに似ていると思います……。


で、ここんとこ改変期特番であまり見たいTV番組もないし、あってもゲストが見たくない人だったり(昨日のゴチバトルとかな/笑)と、宝塚BOYSのDVDを見ている事が多いです。
で、自分の反応に自分でビックリするのが、記憶違い…です。
頻繁に起こるのが、上原さん。
1幕1場で山田さんの肘が当たって昏倒するとか、1幕2場で湯のみややかんを片付け損なって、しょんぼりとか、2007から続いてるものと勘違いしてたら、今年になってからの演出だったことに気が付きました、とか。
ここは竹内君の台詞…と思っていたとこが、2007だと長谷川さんが言ってるとか(それは事実沢山あったんだけど…)、座り位置が2007と2008で違うシーンとか。
そういえば、太田川さん@三宅さんは置いちゃいけない場所に荷物置いたりもしてなかったし、長谷川君の荷物を竹内君が片付けてあげるなんてのも、今年版の演出だったり。

見た回数とか、演出の好みとか、それも関係はあるのかなあとも思うんですけど。
やはり2008の方が、上書きされてる気はします。
まだ記憶に新しいからねえ……。
まあ、東京公演終わってから1ヶ月近いので、この生活が続いてるうちに、また2007DVDバージョンに上書きされそうな気もするんですけども。


……何が言いたいって、早くDVD出ないかなー、なんですけどね(笑)。
今年の座談会も、早く見たいよー。
人数増えてる分、しんちゃんが益々喋らずにきょろきょろしてそーな気もしますけど。



上杉さんちの事

今週こそは発表があるだろうと思っていたのですが、どうやら何もないようです…しょぼーん。
あちこち探すと、結構ロケ目撃談なんかもあるようなんですけどねえ…。
発表するまでもないとか思われてるのなら、もう公表してくれちゃってもいいんじゃないのー?…等と、やさぐれてみたくもなるのですが。
そういう訳にも行かないので、ニンジンじゃないモノに目を向けるしかないんですよねえ。
ちゅー訳で、今も宝塚BOYS(2007)を見てたりするんですが。
あー、竹内君は可愛いな。

でもまー、一応ちょっとずつ予習し始めたりも。

私は信玄餅は好きだけど、武田信玄さんには全然興味が無くて、信玄の妻妾も、諏訪御寮人より三条夫人の方が好きだったので、勝頼くんには全然興味が沸きません。
いや、うちのご先祖、勝頼くんの家臣だったらしいんだけど(笑)。

で、ライバルの上杉さんちも全く知りません(笑)。
記憶にある上杉さんといえば、角川映画の「天と地と」で渡辺謙さんが病気降板してしまったので、観に行かなくてもいいか…とか思っていたら、公開チョイ前になってNTVがスピンオフで「天と地と黎明編」という謙信君の若い頃のドラマを作った事がありまして。
その若き謙信君を演じたのが、当時私の王子様だった(大笑)大沢樹生ちゃんだったので、見てまして。
……その記憶しかないのです。というか、その記憶も曖昧なんですけどね。
多分ビデオソフト版も持っていた気がする……けどやっぱりあまり思い出せないです(笑)。
樹生ちゃんの台詞が、なに言ってるか解らなかったからだけじゃないとは思うんですけど、樹生ちゃんが「武者姿似あうなあ」と思ったことしか、覚えていないです。
親分(笑)への思いいれがその程度なので、養子の皆さんも「誰?」だし、家臣の皆さんも全然ワカラン。主人公らしい人すら「直江兼続って誰よ?」な訳でして。

……戦国時代って結構好きなんだけど、ホントに違う方向を向いてますね私、って感じで。
まあ、戦国時代より幕末の方が圧倒的に好きだしなあ。
信吾君も幕末の方が多いし(それかい)。


で、一応色々予習してるんですが、名前が全然頭に入りません(笑)。
みんな名前似てないすか?
下手するとずっと役者さん名で呼んでしまいそうですが、まあ……あと3ヶ月の準備期間があるので…徐々にね(^_^;)。

てな感じでございます…はい。

あさのてれびしょーせつ。

昨年の宝塚BOYS以来、「猪野さんは映像のお仕事も多いから、TVオッカケは続けられそう」…という事で、「ふくまる旅館」に続いて見ていた朝のテレビ小説「瞳」。
内容に色々と疑問は残りつつも、最後までお付き合いしてしまいました。
いや、まだ終わってないんだけど、あと明日明後日で終わりな訳で。
猪野さんは26日にもう1回出演予定があるらしいと、ファンの方にお伺いしたのですが、今朝見ていたらご出演が(1分間くらい??)。
これで見納めだったら、ちょっと淋しいなあという気もしてしまいました。
明日の登場シーン?で、
「数年後、この高柳さんと結ばれるとは、まだ思いもよらなかった瞳なのでした」
なんていうナレーションが入らないとも限らないですけども(名作劇場の「愛の若草物語」かい)。

うーん。
ドラマとしてはビミョウだったけど、篠井さんのローズママが最後まで愛くるしかったから、まあいいか(いいのか?)。


でもねー。
ぶっちゃけると、S木さんの脚本作品は「見るのちょっと辛いかな」と思ってしまった(^_^;)。
燃えよ剣も「なぜこのシーンを飛ばしちゃうの?!」が沢山だったのですが(笑)。
さて、来年の上川さんのお芝居……どうしましょね(^_^;)。


おまけ。
関係ないけど、しんちゃんのシティリビングの記事がまだ残ってました→
真珠夫人の頃のですけど(^_^)。

時代劇時代劇vv

昨夜、「逆転裁判」の宝塚ミュージカル化にビックリして、プレイヤーの友人(非演劇ファン)にメールしてみたら、凄く嘆かれてしまったのが原因なのか、「宝塚BOYS、宝塚歌劇団でミュージカル化!!」という夢を見たのは私です(笑)。
いや、いくらなんでもそれは、麻生太郎ちゃんに小沢一郎役でドラマに出てくださいって言ってるようなもんでしょ、的な(なんじゃそりゃ)。

という訳で(?)、しんちゃん調査団の皆様(誰?)から頂いた情報を元に、年末時代劇の原作を探して買ってきました。
麦屋町昼下がり (文春文庫)
単行本版も出てますが(同じく文芸春秋から)、文庫の方が軽くて好きな私は迷わず文庫で購入。
(貧乏だしな)
短編が4本ありまして、4本目の「榎屋敷宵の春月」が原作のようです。

で、ざっと読んだ感想。

「しんちゃんの役は、ドラえもんで喩えると、出来杉くん」

男前で切れ者で出世頭…てな感じですね。ある意味釜次郎を彷彿するような(笑)。
さすが、しんちゃんに綺麗な男性の役を回す事では業界トップクラス(??)の公共放送さんだけあります、みたいな。
物語における重要性はともかく、出番は、原作版憑神における釜次郎並に、アレでナニでしたが。
まあ、舞台版かまじーがあのミラクルを起こしたように(笑)、ドラマ化でどれくらい膨らませてくれるかに期待ですかねー……。
主人公の夫(おそらく田辺さんが演じると思われます)も、あまりカッコよく描かれてないから、その辺は公共放送様の腕の見せ所ーというか、カッコよく描いてください、是非。
田辺さん、結構好きなんです(紫の薔薇の人だし)。

問題は、瀬戸さんが演じる(らしい)田鶴さんかなあ。
なんつーか…このタイプの女性って………あんまり……(^_^;)。
あと、信吾君の惣兵衛さんの妻にあたる三弥さん(おそらく酒井美紀さんの役)も……原作のままだとちょっとなあ…(^_^;)。白線流しの園子が好きだったからなあ…私(関係ないけど)。
どちらも可愛らしさの残る女性に描いてくれるよう切望…。

かといって、原作から膨らませすぎると、藤沢周平さんのファンの方に怒られてしまいそうですし。
難しいですね……うん(^_^;)。


何はともあれ想定外にやってきた、もう一個のニンジンは、素直に嬉しいです。
しんちゃん体調管理が大変だと思いますが、ホントに頑張ってくださいましね。

で、もう一個のニンジンも早く公表されるといいなあ……(^_^;)。

にんじんはまだですけど。

年末時代劇の予定が出ました~。

NHK時代劇スペシャル2008年12月20日(土)OA
だそうです。
詳細はwebRoute23へ~。

甘10の後にも、何かあるらしいと小耳に挟みましたが、これだったのかな?

すみません、撮影これから、らしいです。
主演(多分)の瀬戸朝香さんのブログにちょこっと情報出てるよと、E様に教えて頂きました。→
ぐぐってみたら、田辺誠一さん、酒井美紀さんがご出演らしいです。
しんちゃん「某ニンジン(もはや正式タイトルな気がしてきた…)」と掛け持ちなのかしら……。
どっちも沢山は出てこないなら、泣くぞ(笑)。

どんな話でどんな役なんだろう。
タイトルだけ見ると、江戸時代ど真ん中というより、明治っぽい気もしたんですけどね(笑)。

調べて、何か解ったら追記しますねー(^_^.)

改めて2007を見ています。

金さん感想を書こうかと思ったんですが、一昨年のプライベートライヴズ去年の憑神と、秋分の日の休みは、信吾君のマチソワをしていたんだっけ、という事に気がついて、ちょっと淋しくなったので、宝塚BOYSを見ています。
そっか、去年の今頃届いたんだなあ、このDVD。
去年の今頃は、釜次郎さんに完璧に骨抜きにされてたので、届いてすぐはじっくり見る時間がなかったんだなあとか思い出したり…。

いや、久しぶりに見て何がビックリするって、やっぱり
「長谷ちゃんが全然違う人!」なことかもしれない。
大人っぽい…とっても。
でも「ああ運命の赤紙んがぁ(変顔)」とか、無いのが淋しい……かも(笑)。
あと意外に要領のいい大将とか、今年はしっかり者だった竹内君が昨年はホントに天然(天然ボケ?)な人だったとか、1幕3場のモンパリは去年より今年の方がノリノリだなあ山田さん(笑)、とか。
1幕4場の、竹田君を問い詰める星野さんは今年の方が怖いなあとか。
今年の竹田君は確信犯だけど、去年の竹田君は最初はうっかりだったんだなあとか。

早く今年のDVD届かないかな。見比べてみたいです。
どっちがいいどっちが悪いとかの「比べる」では、もちろんないですけど。

その前に、Route23の会報ですね。
……どんな話をしたのか凄い気になります…車?自転車?やっぱ尾崎?
流石にユニ●ロや長島スパー〇ンドについて語りまくったりは、してないと思いますが(笑)。
まー普通に舞台について…かな。
これもまだ1ヶ月近く先なんですよねえ……。
凄く楽しみな分、長いわー(^_^;)。

なかなか口に入らないニンジンばかりで、嬉しいやら辛いやら。

助けてドラえもーん。

カジノ三昧(笑)。

8月にすっかり金を使い果たしてしまった赤貧のワタクシは、出かけるとまた無駄遣いしてしまいそうなので、家でドラクエやって休日を過ごしています(笑)。
というか、カジノです。
スロットばかりやってます。
ちまちまやって大損したらリセット、大当たりしたらセーブを繰り返してるうちに、コインが溜まって来たので、100コインスロットに切り替えたら、グリンガムのムチが余裕で手に入るようになりました(笑)。
kajino.jpg

現在、77万枚くらい溜まったかな…。
もうグリンガムのムチいらないし、これで宝塚BOYSの上演権とか買えないかなあとか、大たわけにも程がある事を言ってみたりする(いや上演権買っても、役者さんが揃わなきゃねえ…)。

まあ現実社会は甘くないので(笑)、地道に働きますわ……(^_^;)。

テンプレート、また変更しました。
昨日設定したの、携帯で見てみたら「続きに隠す」の意味がなかったんですもん…(^_^;)。
やはり好きなテンプレ職人さんのものを使うのが正解かなと。
でも3カラム好きなので、更新があったらまた変更します(^_^;)。
今お引越し準備でお忙しいらしいのね……どこさん。

夜にまた、金さん話でも。

繰り返すこのポリリズム♪

テンプレートをハロウィン仕様に変更してみました。
これ、ブログ拍手には対応してないテンプレなんですよね……。
短期間で変更しちゃうかもしれませんが(笑)。
なんか目に痛いし(私だけかもですが)。

寒暖の差が激しいせいか、なんか調子悪いです。
月よりの使者様の前だからかもしれないけど、首も肩も頭も痛ーい(^_^;)。
明日の関東地方(に限らず、かもしれませんが)は、暑いらしいです。

今朝はまた、男子部の夢を見ました。
男子部がパフューム踊ってたり、●●さん(伏字)が竹内君の手を握ってたりしたので、ビックリしましたが、どんな深層心理なんでしょ。応えてください池田さん!!

いや、恋しがるまいと思いつつ、やっぱり足りないんですよ……宝塚男子部がー(>_<)。
早く11月になって、DVDが届かないかなあ。


以下、単なる愚痴なので続きに。
愚痴聞いても良いよ~な方のみ、どーぞです。

第二話「編笠橋の決闘」あらすじとかんそー。

今月末に職場の人が二人退職されるので、プレゼントを購入に渋谷へ。
雨降ってても凄い人でした。
最近、脚の疲れがはんぱないので、お風呂でマッサージ出来るグッズも購入。

そういえば、最近クロックスのWEBストアで、クロックスのメリージェーンとアリス(スウェード)を購入したんですけど(流石にあのしんちゃんブルーは買えなかった…まばゆ過ぎ)、Loftにもメリージェーンはあったのね…。まあいいか……(笑)。

で、現在も雨降りなのですが、天候が崩れると映らなくなる地デジってホントにどうなのよ、と。
いや映らないのは某放送協会だけなんですけど、困るんですけど(笑)。
年末くらいまでに、電気屋さんに相談しようそうしよう。

さて、夢暦の粗筋&感想その2です。
例に寄って続きに移動します。

秋ですねー……

今日、緑封筒が届いたので、「Routeさんから?なんか吉報!?」と思って表を見たら、社会保険庁からの年金特別便でした…(笑)。
紛らわしいぞ、舛添君。
まあ漏れがなかったから良いですけど(笑)。


えーと、10月の猪野さんの舞台のチケットを取って頂きました。
猪野さんは、舞台では宝塚BOYSの山田さんでしか、拝見したことないので、楽しみにしてます。
昨年ジテキンの「ツーアウト」観に行った会場ですしね。

あと12月に花緑ごのみに行きたいので、ミー&ハーさんにメールを送ってみたら、案内を送ってくれるそーで。
楽しみです。

信吾君ファンにぶら下げられたニンジンは、そろそろ解禁になるのかなあ……。
楽しみですけど、ドキドキします。
そんな秋の夜長です。

ちゅー訳で、また金さんでもみようっと(笑)。

第一話「金四郎の父」のあらすじ&かんそー。

えーと、夢暦の粗筋と感想です。
今更な気もしますけど、せっかく全話再放送されましたしって事で、ちまちま感想書こうかなと。
現在、ニンジン待ちで時間もありますしねー(泣笑)。

という訳で「夢暦 長崎奉行」。
1996年3月から約半年間放送された金曜時代劇(当時。夜八時台に放送されてました)です。
全21話。
原作は市川森一さん、音楽は大谷幸さん。
ナレーションは橋爪功さんです。名調子で小気味いいです。
主演は小林稔侍さんで、長崎奉行の遠山景晋(かげみち、と読みます)。
信吾君は、その息子の遠山金四郎役。
のちの「桜吹雪が目にへえんねーかー!」の金さんですが、このドラマでの年齢は19~20前後の時期。
お家の事情が複雑で、更に多忙で構ってくれなかった父に反抗して、放蕩生活を送っております。
背中には彫物も入ってますが…桜吹雪ではありません。
女の生首が描かれてます。
この辺、市川森一さんの原作を読むと、面白いんですけど、ドラマではその部分は描かれませんでした。いや、正解だと思うけど(笑)。


長くなるのとネタバレ含むので、続きに移動します~。

なんですとー!!!2連発。

昨夜、ミランカとゆー動画サイトで「内村さまぁ~ず」というネット配信番組を見ておりまして。
内村さんの、短パンから伸びる白い足の足元を見て叫んだ若干1名は私です。

だって、内村さんが履いてたクロックスが、信吾君のターコイズと全く同じ(推定)だったんだもん(笑)。
一緒に仕事をする方にもれなく可愛がってもらったり、尊敬されたりするのも、あのクロックスのつながりですか?的な(いや偶然だから……)。

で、ついでに内村さん&さまぁ~ずが11月にやる予定の舞台の予定を見て、更に
「なんですと」

竹田の幹ちゃんこと森本君が出演されるじゃないですか!!→

うわ、益々見たくなっちゃったじゃないですかー(>_<)。
昨年の「ハンブン東京」、チケット取り玉砕したのに……今年も4日間しかないよー。
ミランカの先行予約情報ちゃんと見とくんだったー!!
けど確か、先行は今日までだ(T_T)。

まあDVDにはなると思うので、取れなかったらDVDを待つわ(T_T)。


---追記---
映画「ざわざわ下北沢」の市川準監督が亡くなったそうです。
実は信吾君の出演シーンしか見てないんですけど、凄く可愛かったのは覚えてます。
あと京成スカイライナーの「ラッパじゃねえよ」も市川準さんだった気が……(記憶違いだったらすみません)。
謹んでご冥福をお祈りします。

スラムダンク芸人。

アメトーーーークのSPで、SLAMDUNK芸人をやってたので、お花のお稽古を稲妻の如く終わらせて、ギリギリセーフで帰宅しました。
大好きだったんですよスラダン。
コミックスも全巻まだ持ってるし(豪華版はまだ買ってませんが)。
台湾だか香港だかで出た画集とか買っちゃったし。
(↑よく覚えてないけど、海賊版とかじゃなくて、イノタケ先生了承のもとで、向こうで発行された画集だったと思います。その後日本で出たのも買った(笑)。)
知り合いの多くがJリーグに夢中な中、一人でNBA見てたし(笑)。

そんな訳で、見ました。
いやー面白かった。
ケンコバさんでこんなに笑ったのは、初めてだー。
うっかり泣きそうになりましたけど……。
あーもう、録画しとけばよかったー(>_<)。
お彼岸の休日に、コミックス一気読みしようと決意(笑)。

しかし、現在の私はまだ無駄に宝塚BOYSに夢中なので…ね。
木暮くんが竹内君に見えるとか、花道と流川が星野さん山田さんに見える(どっちがどっちか、は考えなかったけど)とか、アホな状況に陥ってましたとさ(笑)。
…えろうすんまへん…(BYお登勢)。

ついでに、赤木(ゴリ)が男子部加入当時の竹田の幹ちゃんと同い年と知って、驚愕してみました。
三井や木暮くんはわかる気がするんだけど(笑)。

リアルタイムで読んでた頃、私が一番好きだったのは流川でして、次に木暮くんだったんですね。
今振り返ると、木暮くんの方が好きかも……。
アンガールズの山根君も言ってましたけど、世の中にはレギュラーになれなかった人の方が圧倒的なんですよねえ……。
宝塚BOYSの皆が、たまらなく愛おしいのも、同じような理由なのかもしれないなあ…とか思ったり。
年ですかね(笑泣)。


しかし47年芸人で、1994年にやったお仕事を紹介してるのに、バナナマン日村君の紹介の時にばっくれ隊をやってくれなかったのは、ちょっと不満ー。
日村君のピン仕事だし、主演の信吾君だって47年組なのになー。
見たかったわ……DVD持ってるけど(笑)。
いや、芸人としてのVを流すのは当然なんだけどね(^_^;)。

という訳で、一応貼っておこう(笑)。
横浜ばっくれ隊横浜ばっくれ隊
(2007/09/07)
葛山信吾辺見えみり

商品詳細を見る




-----ブログ拍手お礼-----
 9/18 0時 K様
ご来訪&コメント有難うございます。
井上君は秋はドラマなんですねー。
時間の都合がついたら、映像の井上君も見てみようかなと思っております。

おや?

トライベッカさんに、所属俳優さんが一人増えてる……。
16日の夜に見た時は居なかった気がするんですけど。

経歴見てたら微妙に、忘却の彼方に行った某あの人を思い出しました。
日本を飛び出して、海外に出る役者さんて、結構いらっしゃるのねー……。

有難うしんちゃん、日本に居てくれて(^_^;)。

なんだかんだで、結構大所帯になってきた気がします…トライさん。
信吾君が入った頃は、信吾君しかいらっしゃらなかったんじゃなかったっけ?

ブログペット設置してみました。

パンダです。よろしくー☆ミ

マナブログ更新されてました。
可愛いなあ相変わらずと思いつつ、マナビさんの文章の語尾が「…よねえ」が多いことに気がついて、ちょっと考え込んでしまいました…。
いや可愛いんだけど、文章にするとオネエさんぽく思われやしないかと……(^_^;)。
信吾君の言葉の語尾も、やわらかーい感じなんで、三重弁がそうなのかしら…。
という訳で、三重弁について調べてみようかと思ったら、最初に出てきたサイトがコレでした→
三重弁替え歌の「しゃぼん玉」、信吾君が普通に喋りそうで、ちょっと笑ってしまったの事よ。


さて、本日は星野さん行きます。

星野さんも、私にとっては物凄く特別なキャラなので(や全員そうなんだけど)、今まで結構色々書いた気もするんですけどもね。
なので、今まで書いたこととダブってるとは思います(^_^;)。

今年の星野さんの印象は一言で言うと、「優しかったなあ」……でした。
去年の星野さんに「出たな妖怪」なんて言ったら、太田川さんの事、踏み潰してたんじゃないかしらとか思いますもん…(太田川さんも言うタイプじゃなかったかな)。
竹内君との衝突の1回目も、イヤミというよりは「お前らちゃんと考えろよ」的な要素が強かったし。
稽古場での言い合いも同じく。
で、恋文事件解決・ウマノアシ役発覚後の、あの言動。
あのあたりからは、頼りになる先輩とか優しいおにいちゃんとか、そういうイメージで見てました。

で……フェチですが(笑)、1幕ラストに、竹内君の肩をポンッと叩くあのシーンが、ホントにツボで(笑)。
池田さんへの抗議お疲れ、とかいう意味だったんだろうなあとは思うのですが、ポンする場所が日替わりだったので(笑)、なんか注目してしまって……。

昨年版で好きだった長崎での事の語り。
今回は席によっては全く表情が伺えない状態ではあったのですが、声がねー。
この方は台詞だけでも巧いなあ……とつくづく。

それと、印象深いのは、2幕2場で腹筋後の池田さん登場で、睨むように視線を送った後の、あのトグロの巻き方でしょうか(トグロ言うなー)。
あのシーン、竹内君は遅れて出て来るので、星野さんを見てることが多かったのかな。
池田さんに「こっちは一人で不安だよ!」と叫んで逃げるシーンが、台詞なしになったのが、個人的にはちょっぴり残念でした(あれ好きだったんだけどな)。

忘れちゃいけないのが、青き春演出担当の星野監督っぷり。
長谷ちゃんに「落ち着け!」と叫ぶあなたも、かなりワクワクっぷりが隠せてなかったわ、的な。
で、マリーへの座り方指導。
中日あたりで「アルティメット……」と思った竹内マリーが、その後横すわりしか出来なくなっちゃっても、解らないように演出してくれたのは、有り難かったし可愛かったし。
その後の、おばちゃんとのダンスシーンも含めて、青き春の稽古シーンはホントに見ていて幸せだったなあ…。みんないい笑顔だったなあ……。

男子部やめるここを出て行くのシーンは、竹内君のキャラクターが昨年版と全く様変わりしていたこともあって、ホントに新しいお芝居を見ている気分でした。
長谷川君の「夢が見たい」にも泣かされましたけど、星野さんからも目が離せない感じで、忙しかったなあ……と。

レビューに関しましては、もう…ね(^_^)。
ホントに華麗でいらっしゃいました。これに尽きます。


今年は(ひょっとしたら去年も?)信吾君の控え室は、吉野さんとご一緒だったそうで。
揃って疲れ果てていらっしゃったのかもしれないけど、きっと色々お話もされたんだろうなあと。
歌くらいは歌ってたかな……しんちゃんだし(笑)。

名古屋の大楽カーテンコールで、頻りに目元や頬を拭ってらっしゃった姿も印象的でした。

えーと、山内さん同様、吉野さんも来年夏までの舞台が既に発表になってるそーで。
お二人はホントに舞台の世界に生きてる方という事で。
どのお芝居に行けるかはまだ解りませんけど、時間と財布に相談しながら、行ける時は行けたら嬉しいな、と思っております。

何を見ても宝塚BOYSに繋がってしまう癖

今、夢暦ハマり中で、延々見てるんですけど、19話でのたみさんと金四郎さんの会話に、「江戸時代にも言われとるんかい、と笑ってしまいました。
(台詞は不完全ですスミマセン)。

金四郎「そーゆーひねくれたものの見方は良くねーぞ?」
たみ「金四郎は正直すぎると!そうやって人を信じてすぐ騙されて、博打のいかさまに何回騙されとっと?」

某回るの大好きさんと、某モンパリ大好きっこを思い出しました。
いや、竹内君は放蕩息子じゃないんだけどね(^_^;)。


そういえば、夢暦の音楽好きだなーと思って、大谷幸(コウ)さんを調べてみました。
……GMKの音楽担当もされてた……。どおりで好きな訳だ(笑)。
なんか、アニメとか特撮映画の音楽も多数手がけていらっしゃるようです。
夢暦のED曲、着信音にしたいよーう……。


姫金を買ってきた…。

12月にコミックス化だそうです…コミック版宝塚BOYS。
うーん。とりあえず、連載を単行本にするだけだったら、私は要らないや(笑)。
舞台写真とか載ってたら、ちょっと考えますけども。
アニメならともかく、音にも動きにも頼れないコミック化は、ホントに難しいねえ…と改めて思わされる漫画でした(^_^;)。


という訳で、BOYS個人語りラスト3。
竹内君は別格なんで最後にするんですが、星野さんと太田川さんどっちにしよう。
「好きなものと嫌いな物どちらから食べるか」と聞かれたら、好きなものは楽しみに取っておく派の太田川さんな私は、どっちが好きか考えてみたのですが。
……うわ、選べない。つかホント今年順位付けられないくらいみんな好きなんだわ私。
(去年は順位つけてたんですか?とか聞かないでね/笑)
でー……食べ方が太田川さんなので(笑)、太田川さんについて。

今年の太田川さんには、実はめっちゃ泣かされました。
既に話を知ってるからというのもあったんだけど、1幕1場の時点でこの人戦争の話から逃げたいんだというのが伝わってきちゃって。
竹内さんの満州の話、長谷川君のミンダナオの話、山田さんの特攻の話、ずっと居心地悪そうにしてるのが痛々しいんですよねえ。

山内さんの太田川さんは、ツッコミキャラでもあって、それは演者さんの個性を生かしてのものでもあったと思うのですけど、横から茶々を入れる場面は多くて、それが照れ隠しと居心地の悪さへのごまかしだったのが、もう切なくて切なくて。
三宅さんも凄かったけど、山内さん巧いなあ……と、ちょっと感動してしまった訳で。

まあ……確かに、あのみっしり筋肉質が、肺を患ってる人には見えないかも、というのは私もほんのちょっとは思いましたけどね(^_^;)。
2幕4場で、太田川さん運搬をしてるふたりが、脱臼王子長谷川君とテーピング王子竹内君だったものですから、たまに「お前歩けるやろ?移動かて一人でできるやろ?」とか言いたくなる事もありましたけどー(笑)。
まあ、二人とも大丈夫だったから、交代しなかったんだと思いますしね……。
(キャラ的にも、運ぶとしたらあの二人しかいない気もしますけども…)

でも、今年の太田川さん、私は物凄い好き。
レビューでも、泣きそうな顔されてるんですもん。
太田川さんの想いが凄く伝わってきて、見ると泣いちゃってました(^_^;)。
いや誰見ても泣きますが私(笑)。

それにしても山内さんのアドリブは凄かった。
妖怪ピルエットの設定の膨らみっぷりも、竹内君のキャラの広がりも、あの太田川さんなくしては、ありえなかったかなー、という気も。
カーテンコールでのノリも好きでした。
信吾君はひたすら笑ってただけな気もしますけどもね。
よく本番中に噴かなかったなあ……みなさん。

山内さん、今後も舞台の予定がみっしりのようです。
パンク侍のフライヤーカッコよかったので、ちょっと検討中。
信吾君とは、きっとまた何かで一緒になってくれるんじゃないかなあ、と期待しております。
仲良しさんみたいですしねー。
ブログも始められたそーなので、それも楽しみにしてます。はい。

れんきゅうはきけん。

今日も今日とてちょっとだけ昼寝してた訳ですが。
(日付はもう昨日ですが)

なんか最近中途半端に寝てる時って、毎回宝塚BOYSに関係してる夢を見るんだけど。
(ある意味病気だよ……一度病院つれてった方がいい)

しんちゃんと吉野さんと花緑さんが、男性向け?基礎化粧品のCMに出てる夢を見ました。
半分くらいは宝塚BOYSの映像で、あとの2.5秒ずつくらいを化粧水パシャッとやってまして。
綺麗かったわー……。
いや、夢なんだけどね(笑)。

CMといえば、花緑師匠が「あさげゆうげひるげ」のCMに出演だそうで。
まだ見たことないんですけども。
お爺様の小さんさんのCMが懐かしいです。
節約生活再開なので、またお弁当持参なのですが、お味噌汁が欲しい時用に、買っておこうかなーと思ってたら、永谷園のフリーズドライ味噌汁を、母が法事で大量に貰って帰ってきまして。
………暫く買いに行けないなあ…(T_T)。


という訳で、本日は大将・上原さんで。

初演でも、冒頭の空襲の音だけで泣いてた(笑)私は、もう上原さんが立ってるのを拝見するだけでも涙が出て来る程でして(^_^;)。

今年は特に「リーダーのお株奪われっぱなし」度が高くて、そりゃー必死に頑張ってるのに、気がついた時は竹内君を中心に男子部が纏まってしまってるのが、ホントに竹内ファンとして申し訳ないというか、愛おしいというか。
竹田君の生徒との恋発覚の時も、竹内君と星野さんが話を進めてるのを、アセアセと見ていたり、病院から抜け出した太田川さんがどこに居るか思いもつかなかった事に打ちのめされてたりと、ホント一生懸命なのにねえ…と。

でも、前にもちょっと書きましたけど、それまで皆を引っ張ってきた竹内君の糸が切れてしまった時に、慰めに入ったのが上原さんで、それは物凄く救いだったというか。
やっぱり本当にリーダーだったのは、上原さんだったんだよねと。

頑張ったけど報われなかった、報われなかったけど幸せだった…というのが宝塚BOYSというお芝居のテーマの一つだとしたら、上原さんは宝塚BOYSそのものだなあ…とか思っております。


今年の上原さんは、ちっちゃいおばちゃんをすくいあげちゃうメルヘンさんだったり、「男子部から2名」で喜びを隠し切れない素直さんだったり、凄く可愛い人でした。

で、さりげなーいピルエットの美しさとか、実はかなり凄かったのも見逃せませんでした(^_^)。


花緑さんには、また特別な思いがあったりするのですが(笑)、ひとまず「チケット取れる場所での高座は、是非拝見に行きたいと思っております。
という事で(^_^)。


えーと、あとは太田川さんと星野さん…かな?
どっちから書こうか悩み中です。
でもBOYS語りもそろそろ終わりにしないと…かな??

金さん祭り開催中。

宝塚BOYSが未だに抜けなくて、午前中に関西で放送された「ちちんぷいぷい」等々を見ていたこともあって、益々、竹内君恋しやホーヤレホー状態になってしまったので、「夢暦・長崎奉行」を見始めました。
……で、いきなり杉田かおるさんの梢に泣かされてる私(笑)。
で、大橋吾郎さんのカッコよさに、ちょっとクラクラしてみたり、嶋田久作さんの長さに「当社比1.85倍」とか思ってみたり(当社ってどこ)、石倉サブちゃんの憎たらしさに母と一緒にブーイングしてみたり(笑/でもサブちゃんはいい人らしいです)。

しかし、やはりしんちゃん@金四郎さんの可愛らしさにモキュモキュしちゃう訳で(笑)。
や、信吾君のちょんまげの似合いっぷりは、一億と二千年前から決まっている訳ですが(ヲイ)。
お殿様姿も凛々しいけど、町人髷もいいなあ。
胸元と裾はもちょっと閉じて欲しいですけど。
金さんはホントに目のやり場にこまるよ…ねぇ父上?(誰よ)
今14話見てるんですけど、金さんの声が珍しくちょっと鼻声な気がして。
しんちゃんこの頃風邪でもひいてた??
(ご本人は絶対覚えてないと思うけど)

あーやっぱ時代劇面白いー。
しんちゃんを時代劇で、もっともっと見たいー。

えーと、「夢暦」今回のホームドラマチャンネルでの放送でご覧になられた方が、沢山いらしたと思うんですけど、1話ずつあらすじと感想、書こーか否か、迷ってます…(^_^;)。
書いたとしても、私のことだ。文章の8割に「金さん可愛い」「父上カッコいい」「右近さん素敵」のどれかが書いてある気がするんですけど…(^_^;)。


関係ないのですが。
吉野さんのオフィシャルサイトさんから、Route23にリンクが通じてた事に、さっき気が付きました。
なんかすっごく嬉しかったです。
BOYS終わって、もうご縁も切れちゃうのかなあ…という気もしてたんですけど。
また何かあるといいな。
そういえば昔々、しんちゃんがご自分でRouteサイトを作ってらっしゃった頃、オダギリ君(前事務所)と大塚さんのオフィシャルへのリンクがそれぞれ貼ってあったんですけど、「大塚よしひろ」さんのサイトになってたのを思い出してしまいました。
……アレ見た人はきっと「よしたかだよ、信吾君」とツッコミ入れたに相違ない……。
私もよく間違えてましたけどね。

メイキングDVD。

吉野さんの写真集発売で、盛り上がっていらっしゃるのを拝見して、いいなーと思ったので(販促メッセージありがとーございました)、しんちゃんのさまさまのメイキングDVD「YA!」を引っ張り出してきて、見ています。
7年前だけど……今見ても身悶えるほど可愛いよー。
天蓋つきベッドとか似合いすぎだし!(蚊帳っていってたのが懐かしいねえ)
金髪だし!途中までヒゲだし!
今より関西訛り強い気が…(笑)。
当時のスタッフさんの姿も、今となっては懐かしい思い出?みたいな(笑)。
Mちゃんと社長は変わってないなあ…(外見も)。

私がカメラをちゃんと勉強したのって、短大の時のホントに短期間で(2-3ヶ月くらい)、それも大昔なのでちゃんとした扱い方も、照明の当て方なんかも、もうさっぱりなんですけど(そもそも人物撮る授業ではなかったし)、写真って何人もの手が入って作品になるんだよなあ…とか思ったり。
写真集にしても映像作品にしても、いろんな方が力を貸してくれるから、後々見返しても、あー素敵だなあと思える作品が出来るんだよなあ、とも。
そんな訳で、しんちゃんを綺麗に残してくれる方々に、改めて感謝なのでした。


で、今「W」のメイキングの方も見てるんですけど(実はこっちは1-2回見ただけでした)、コレも最初はヒゲから始まってるんですよねー。
しんちゃんの写真集は、まずヒゲを伸ばすところから始まるんだろーか……(笑)。


さて、次はリーマンカレンダーのDVDでも見ましょうか(笑)。

大楽から一週間

お久しぶりのマナブログ更新が。
猪野さんは現在充電中かな?
しんちゃんも忙しいのか、電池切れ中なのか、ニンジンの準備中なのか謎ですが、そろそろ男の栗の更新でもしてくれないかなーとか思う今日この頃です。
いや、更新自体はしんちゃんじゃないと思うんだけど。
……今でもMac使いなのかな…しんちゃん…。

男のマロンといえば、今朝は池田さんと星野さんで、新感線「花の紅天狗」の名曲「おっ●いこそロマン」を歌っている夢を見ました(今回あまりにカオスな夢なんで、内容全部は書けません)。
池田さんが粟根まこりんのパート、星野さんが池田なるしーのパートでした。高橋由美子さんの担当は………ははははは、竹内君でした(歌わないけどねー)。
どんな風に名曲か知りたい方は、紅天狗のDVDを購入の上ご確認下さい(販促)。
いや、岡崎司さんのCDに入ってないんだもの(ラマンチャに怒られますよ…)。

そんな訳で本日は、メロンパンの為にメロンを失おうとも人生に無駄なことなんか一つもないぞ!の池田さんについて(そんな事言ってません)。

昨年の池田さんは、すっごい堪える人でした。
レビューへの夢は、去年も今年も同じなんだけど、今年の池田さんは一瞬だけどその思いを爆発させてしまって、それが物凄くビックリだったんだけど、切なかったなあ…と。
一昨年のアンナカレーニナでも山路さんは堪える夫役だったからか、私の中では若干そのイメージに固まってしまいがちだったんで、初日に長谷ちゃんに向かって池田さんがキレた瞬間は、凄い衝撃的だったなあ…と。

公演回数を増やしていくごとに、恋文が長くなっていったり、池田家の謎に含みを持たせたり、東京楽に到っては、ちゃぶ台の上に乗っちゃったりして、もう可愛いオジサンぷりも沢山見せて頂けて。

BOYSを見守る目がホントに優しいんですよねえ…。

解散決定を告げて、竹内君に詰め寄られて、その竹内君が崩れ落ちた後、背中をぽんぽんとさするというか、抱くように労わってくれるようになったのは、東京公演の後半戦だったでしょうか。
あのシーン、BOYSも皆さんホントに伝わってくるものが凄くて、どこを見ても泣けるんだけど、あの池田さんも見逃せなかったです……うん。
宝塚BOYSの男子部員は、紛れもなく8人だったと言えるあのシーンの「すみれ~」は、思い出すだけで今でも泣けてきますです。

で。
山路さん。
昨年はプログラムで、宝塚の舞台に立つ時の相手役は「もちろん、しんごちゃん」と仰ってましたが、今年もそれは変わらないと考えてもいいでしょうか(笑)。
今年はあの質問がなくて、ちょっと残念でしたわ…(あってどうするといわれたらそれまでですが)。

山路さんのカレーニンが見たいので、またアンカレの再演があったらいいなーと思います。
勿論しんちゃんレイヴィンのままで。
キティ(当然新谷真弓ちゃん続投希望)に「彼の頭にあるのは、うしとか!」「うまとか!!」「それからそれから…農業の合理化よぉ!!」のどれかで指差されるのが、夢なんですが(笑)。
つーかさ、もしアンカレの再演があるとしたら、今度はクリエなのかなあ……(一路さん復帰までないとは思うけど……よっしーも忙しそうですしねー…)。

スーパーウルトラどうでもいい事ですが。

2007年から気になってたこと。
竹内君て山田さんを何て呼ぶんだろう……。
大将の事は「リーダー」だし、星野さんも終始「星野さん」。
太田川さんには、一幕では主に「太田川さん」だったけど、二幕では「太田川君」。
長谷川君は「長谷川君」だし、幹ちゃんも「竹田君」。
年上でも年下でも、基本的に敬語な子ですよね(今、圭吾な子って出た)。
山田さんだけ「山田」だったら、なんか笑えるかも。
または「やまこう」とか。
ハンドル(という名のお盆)を持っていっちゃうのに、むーっとしてたし(笑)、「見かけによらず優しい男なんだよな?人は見かけによらないな」とか言ってるあたりは意外にタメ口なのかーとか思ったんですけど。

まあ普通に考えると「山田君」かな?
なんか山田君だと「座布団1枚もってきてー」に繋がる私は、笑点ファンです。

自信満々マン

森本君の次の舞台を、何を間違えたのか、明日からだと思い込んでました(笑)。
17日からでした(^_^;)。
まあいくらなんでも稽古1週間はありえんよねと思ってはいたんですが。
今回は見送りですが、またチャンスがあったら見に行ってみたいです、彼も。
若いのに積極的に舞台に挑戦してるとゆーのは、将来とっても良いんじゃないかと思いますです。
ガンバレー。
森本亮治写真集「&Champ」森本亮治写真集「&Champ」
(2005/04/16)
小林 ばく

商品詳細を見る

という訳で、森本君の写真集でも貼ってみようそうしよう(笑)。
…コレもしんちゃんの「W」と同じく、小林ばくさんなんですねー。
DVDはもれなくついてくるのか……。
ばくさんの写真は結構好きだし、森本君も可愛いので、見てみたいかも……。
吉野さんの写真集もなんですが、お試し見の写真が3-4枚見られたらいいのになーとか、ちょっと思ったりしました。

という訳で、本日は2008版竹田幹夫君について。
(結局全員書くつもり気らしい…)

えーと、正直に言うと、初日はちょっと「ええええ?」でした…実は(^_^;)。
昨年、涙腺崩壊のスイッチ押し捲りだった須賀っちの「運がいいとか悪いとか…」の独白シーンで、全く泣けなかったんですよね…。
どうしよう、この調子で楽までいっちゃったら…と、若干の不安がよぎりました。

ごめんね森本君ごめんね竹田君。
私の浅はかな不安など、あっという間に解消されてました。
後半戦はもう、泣けた泣けた。

可愛かったです、今年の竹田君。
竹田君というより今年は幹ちゃんと呼ぶほうがしっくり来るかな。
可愛いんだけど、意外と現実が見えてて大人で。
でも、生きてくことへの不安さに怯えてるのが、いじらしくて愛おしい。
山田さんが、ホントの弟みたいに可愛がる気持ちが解ります。
でも、ちょっとブラックでドライなとこも、ツボでした(笑)。

幹ちゃんのシーンで好きだったのは、入ってすぐの寮でのシーン。
山田さんが必死に虚勢張ってるのにで、思わず噴出してるとことか。
「ずーっと女子だけでうまくいったりして」と池田さんにしれっと言ってしまうとことか。
あと、竹内君疑惑に関しては、今年も初期段階から疑ってたよなー、とか(笑)。

お父さんの通知を受け取った後の反応は、今でも須賀君の演技の方が好きなんですけど、でも森本君は短期間で凄く良くなってて、若い役者さんの伸びしろの幅にビックリもさせられたり……。
(これは瀬川君もそうなんだけど)

今年は長谷川君が弟っぽいキャラだったことも手伝ってか、長谷川君幹ちゃんのツイン弟っぷりが、ホントに可愛かったなあ。
スピンオフで、ふたりの物語作って欲しいくらいです(笑)。



実は、名古屋大楽のあと、信友さん達と森本君のファンでいらっしゃるMさんとご一緒して、手羽先祭りしたんですね。
Mさんとはテーブルが離れちゃったんですけど、森本君への愛を凄ーく感じました。
また、いつか千秋楽のお祝いで、ご一緒できたらいいなあ……。

ちゅー訳で、しんちゃんと森本君の三度目の共演も願っております。はい。

寝だめカンタービレ(意味不明)

この夏、土日はほぼ全部「私の時間は、今は宝塚BOYSの為にあるの」だったので、1ヵ月半ぶりに「休日に惰眠を貪る」の実行をしてみました(笑)。
いやー、午前中と午後と両方昼寝しちゃったよー。

で、午前の部の夢。
再び名古屋にいる私。終演後のしんちゃんにプレゼントをと思って、日本酒持参。
しかし友人から「それ事故米で回収対象になってる奴じゃない?」と言われて、泣く泣く諦めるわたくし。
「めたみどほす入りの酒なんか渡せないよー」と。
……ギョーザ事件の頃は覚える気もなかった農薬の名前が、鮮明に出て来る夢を見たことにビックリしました(笑)。
ちゅーか、時系列メチャクチャだ……。

午後の夢。
小さい劇場のお仕事から帰ってきた竹内君が「銭湯いってきますねー」と。
山浩「一人歩きはあぶないから!」
上原「夜道だから!」
幹「暇だし」
長谷「僕も僕もー」
…と、ついてくる男子部の皆さん。
気になりつつも、回ってる星野さん…を見て、「やっぱ妖怪や」とか思ってる太田川さん。
帰ってきた後、銭湯へ行く組み合わせ抽選会を始めた男子部の皆さん(何故)。
太田川さんは早々に「俺は一人でいくー」と部屋に戻ってしまったので、5人でアミダをひいてたら、星野さんがやって来て突然「お前らと俺とどっちが回れる!」と(笑)。
……と、ここで目が覚めました。

……星野さんが何をしたかったのか謎だ(笑)。
誰かと一緒に行きたかったのかな……。

2本立てで宝塚BOYS絡み(絡み方がチョー変ですけど)の夢を見て、やはり私はまだ抜けてないんだなあと実感しました。
終わった実感がしないんじゃなくて、終わった事を実感したくなかったんだな……(^_^;)。

あれれ(笑)

塾長さんの写真集がもう間もなく出るそうで。
あまぞんで取り扱いないのかなあ…と、念のため(笑)探しているうちに、気がついたら、コブクロさんのライブDVDの予約ボタンをぽちっとしていた私は一体……(笑)。
あれれー、黒田さんの声だけでいいやとか言ってなかったっけ、私(^_^;)。

塾長さんの写真集は、やはり事務所さんに申し込まねばならんようですね。
とりあえず今ものごっつ貧乏なんで、考え中。
ファンの方は、もうメチャメチャ楽しみになさってるんだろうなあ…と。
去年の、カレンダー待ちの時の私達もそんなかんじだったですもんねー。

まあ人参待ちの現在の心境もそうなんですけど(コレに関してはだんだん男子部の気持ちになってきたですよ……)。

で、しんちゃんの「W」が出た時のサイン会のページってまだ残ってるのかなーと思って、一応探してみました。
 東京はコチラ→ 
 大阪はコチラ→ 
有楽町…懐かしいっす。
あれ?コレの時って大吾撮ってる時期?
「消防車の群れ」って言葉が出てきたのも、この時でしたっけ……。
(日野の新選組関連イベントだったかな??)。

Wは竹書房さんもサイトで在庫切れ、あまぞんさんでもユーズドしか扱ってないようなんですが、ROUTE23に申し込むと新品が買えるモヨウ。
パジャマしんちゃんをもう一冊!とお思いの方がいらっしゃいましたら、是非(販促販促)。

とりあえずサイドバーにも貼ってあるけど、はっときましょう(笑)。

葛山信吾 写真集 「W」葛山信吾 写真集 「W」
(2004/01/24)
小林 ばく

商品詳細を見る


この表紙、ホント可愛いというか……ヤバいすよね…撮影時期5年前でも、しんちゃん31歳だよ…。
しんちゃんて結構男性的な顔立ちだと思うんですけど(体型もねー)、纏ってる雰囲気は柔らかーだし、ちょっとした表情によってフェミニンに見える時もあるし……。
36歳になっても少年みたいな時あるし(^_^)。

やっぱ、魔性だなあ……この人…(笑)。

かうんた。

カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

こめんとアリガトゥ!

過去のつぶやき

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2008年09月 | 10月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


Twitter

リンクの魂。

ぶろぐ主

静夏

Author:静夏
葛山信吾さんのファンです。

 *****favorite*****
actors
・三津谷亮君
・内村光良さん
・山路和弘さん
・松田賢二さん
 
 阿部寛さん、猪野学さん他、
 沢山います
 宝塚BOYS初演再演メンバーは
 今も皆さん大好きです。
comedian
・ウッチャンナンチャン
・さまぁ~ず、キャイーン、
 TIM、出川哲朗さん、他色々
GAME
・ドラゴンクエスト(ロト/天空)
・逆転裁判&逆転検事
・トモダチコレクション
others
・うちのにゃんこ
基本的にミーハーです。

よかったら遊んでみてね。
宝塚BOYSからの恋文

gremz